「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2012年7月30日

DESIS Japan Forum vol.02でプレゼン

7月8日(日)東北大学大学院環境科学研究科にてDESIS Japan Forum vol.02が開催されました。
DESISとはDesign for Social Innovation towards Sustainabilityのことで、世界中にネットワークがありサステイナブルな(持続可能な)社会作りを研究しています。

大量生産、大量消費、大量破棄という社会経済システムから、あらゆるものを循環させる循環型社会経済システムに転換していこう、そして人間が自然に感謝と畏敬の念を持ち、生きることを楽しもうということを様々な分野の方が集まって研究されています。

その場において私の活動が事例として取り上げられ、プレゼンをさせていただくことになりました。
私(ランナーとして)+親しい農家の櫻井さんのコラボです。

楽しくて始めたマラソンも9年目。各地の大会で優勝も重ねています。
でも良いことばかりではなく、体の異常を感じて学び始めたアスリートフードと野菜。
それぞれジュニアの資格をもち、現在は上級コースを勉強中です。
過去にはロンドンやサンフランシスコにも在住経験があり、海外旅行の添乗員もやっていましたので各国の料理や食材の利用の仕方も目と舌で味わってきました。

こういったものを全て活用して、これからは「楽しく一緒に走る!元気に走るための食事をレクチャー!その素材を利用した料理を一緒に楽しむ!」という企画を行っていきます。
その際にはみんなで走って農家さんに立ち寄り、収穫体験&その素材の体への効果やレシピ提案、そしてその素材を利用して料理を提供してくださるお店でみんなで食事という流れを企画します。
走るのも五感を刺激しますし、畑でもたくさんのことを感じられます。そして最後にはそれを体内に取り込む・・・これが目的です。

また地域の子供達をあつめて「子供のランナーズクラブ」を作ります。走ればお腹が空く。おいしくて体が喜ぶものをみんなで食べる。
それが運動できる体をまた作っていくという好循環を体感してもらい、ただの走るだけのクラブではなくて食育も絡めて、教えるのではなくて一緒に汗かいて一緒に食べて感じてもらうのです。

以上のようなことをプレゼンさせていただきました。
Run × Eat = Cheer up↑(元気!)
こういう活動をしていきたいと思っています。

Jr.アスリートフードマイスター&野菜ソムリエ 堤佳子


■アスリートフードマイスター公式ホームページ
http://athlete-food.jp/

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読