「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2011年7月29日

水分補給~カラダと塩分の関係 熱中症にも注意! Uヾ(^▽^;)

毎日暑い日が続いておりますが、みなさんお元気でお過ごしでしょうか?
ジュニア・アスリートフードマイスターの"ぱげ"こと松永直子です。

今年の夏は節電のために冷房を控えめにすることも多いことに加え、湿気も熱気もピークになりそうなこれからの季節。「バナナが大事」をご覧のみなさんは、汗をかいた時、つまり発汗の際に水分だけではなく、体内の「塩分」も失われているということをご存知の方も多いかと思います。既にご存知の方は改めて確認を、そしてご存知でない方は自分のカラダを守るための知識としてご一読いただけると幸いです。

喉が渇いた時に、みなさんは何を飲みますか?
機能性スポーツドリンク?ジュース?お茶?それとも、甘さや何かしらの味がついているものではなく、ピュアなお水でしょうか?喉がカラカラで、何か水分を摂りたい時、冷たいお水はとっても美味しいですよね!

110729-01.jpg

しかし...。
試合中やレース中など、急に痙攣に襲われたことはありませんか?これは、決して、体力の限界ということだけではなく、体内の塩分の不足が原因で引き起こされたものかもしれません。このように、塩分の不足はカラダに大きな支障をきたしてしまうこともあるのです。

汗をかくと、ナトリウム(塩分)体内から流れ出していきます。ナトリウムの働きは、「筋肉や神経の興奮を弱める」「体液のアルカリ性を保つ」「細胞外液の浸透性が一定に保たれるように調整する」などがあります。
人間の体液は、0.9%の塩分濃度を持つ水と同じ浸透圧で出来ているため、水ばかり飲んでいると体液の濃度が薄くなったり、塩分の過剰摂取で体液の濃度が濃くなるような場合、浸透圧のバランスが崩れてしまい体に支障がきたされます。

そこで...
■ナトリウム(塩分)が不足するとどうなってしまうのでしょうか?
血液濃度が高くなって血液ドロドロ状態となり、心臓へ負担がかかります。また、筋肉の浸透圧が低下し、筋肉へ水分が浸透し膨張を起こします。この状態が激しくなると筋肉に強烈な痛みを感じ熱痙攣(けいれん)が起こしてしまうこともあります。

その反対に...
■ナトリウム(塩分)を摂り過ぎるとどうなってしまうのでしょうか?
高血圧の原因になります。ナトリウムが血液中に増え過ぎると、それを薄めるためにカラダは水分を増やそうとし、血液量が増加して血圧が上がります。

日本人は1日に必要な塩分を食事で十分摂取しているで、運動時や多量の汗をかいた分だけの摂取をおすすめしています。栄養補助剤の感覚で飲まれる方もいらっしゃいますが、塩分は日常の生活の中で十分に摂取できる成分です。汗をかかない日の摂取はおすすめいたしません。
最近では、「暑さ対策」をうたった塩分が補給できる飲料や塩飴をはじめとする塩味のお菓子が相次ぎ発売されています。なにごとも程々にが一番です。カラダと塩分の関係を知ることで健康に暑さを乗り切りましょう!

ぱげのブログ ~ほっこり食育☆まったりベジフルライフ~
http://ameblo.jp/page-no-page/


~スポーツのための食事術~
アスリートフードマイスター養成講座
http://athlete-food.jp/

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読