「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2011年6月29日

それこそバナナが大事です!

こんにちは。
ジュニア・アスリートマイスターの盛裕孝と申します。

沖縄では梅雨が明けたとか、例年以上に早いみたいですね。本州も徐々に梅雨が明けて、真夏の暑い時期になりそうです。

真夏には、毎日の暑さで食欲が段々無くなってきます。また、様々なスポーツの大会日程によっては、朝早い試合だったり、午後一からの試合だったり、試合後食事するほどの時間も無く次の試合があったりします。そんな時には、ブログのタイトルのように、バナナが大事なんですよ!


これは私が作ったバナナボートです。このように様々な種類が入っていれば栄養バランスがよくていいのですが、スポーツ競技場ではそうはいきません。通常は1本そのまま皮をむいて食べるしかないですね。

110629-02.jpg
バナナは通常ジャイアント・キャベンディシュの品種が多く、その中でもメーカーによっては様々な種類のバナナが販売されています。以前に比べれば数段美味しくなっております。そして、なんといっても優れた栄養素があるのです。バナナの甘さには「ブドウ糖・果糖・ショ糖」などのたくさんの糖質が含まれているのですよ。この糖質がエネルギーに変わります。

アスリートとしてのポイントとして、朝早い試合には、朝食は少なめにし、バナナをしっかりと食べる。また、試合が昼位などであれば、朝食はしっかりと食べ、試合1時間前位にバナナを食べて、空腹感を無くし試合に向けてのエネルギーを蓄える。また、午後遅い時間であれば、昼食は軽く押さえ、試合1時間前位にバナナを食べる事がお勧めです。ここで注意するのが、バナナがちゃんと熟れて食べやすく、美味しい事も重要です。

110629-01.jpg
上記はシュガースポットが出て食べごろですが、真夏は熟れやすいので、シュガースポット前の物の方が食べる時には丁度良く熟れます。

私の所属しているチームの仲間や、コーチしている子供たちのお母様にも良く話しています。スポーツにも整腸作用にも、そして美肌効果もあり、バナナって無くてはならない果物ですね。皆さんも一時的なバナナブームではなく、一生バナナと仲良く食生活を楽しみましょう!

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読