「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2011年1月21日

身体の芯からポカポカに

はじめまして。
ジュニア・アスリートフードマイスターの田代由紀子と申します。


新しい年が明け、気持ちも新たにトレーニングに励んでいる方も多いことと思います。
私もお正月から、しばらく休止していたランニングを再開しました。今年は距離やタイムにとらわれず、マイペースで「無理なく楽しむ」ランニングを続けて行きたいと思っていいます。


さて、いよいよ冬本番、昨日は大寒でしたね。気温の低いこの季節はランニングに適した季節ですが、温かい室内から急に寒い屋外へ出てすぐに走り始めることは筋肉・血管・心臓(心肺機能)に大きな負担がかかります。十分な準備運動や温かいウェアなどで身体を温めてから走りだしましょう。

また、日常の食事で「冷え」を予防することも大切です。冬はダイコン・ニンジンなどの根菜類やネギ・ショウガなどの食材をふんだんに摂り入れ身体の芯から温めましょう。
この季節にぴったり!ひと鍋で作れる簡単スープをご紹介します。

<鶏手羽先と大根のあっさりスープ>

110121-01.jpg

運動後には良質のたんぱく質を摂りたいものです。鶏の手羽先には、コラーゲン(たんぱく質)が多く含まれます。そしてコラーゲンを効率よく生成するためにはビタミンCも必要です!旬を迎えた甘みたっぷりの大根、ねぎでビタミンCを。しょうがは身体を温めてくれる以外にも抗酸化作用・血行促進・脂肪燃焼にも効果があると言われています。

【材料 2人分】

鶏手羽先  6本
大根    1/2本
ねぎ    1本
ショウガ  1かけ
ごま油   適量
クコの実  適量
水     600cc
塩・胡椒  適量 
【作り方】
1.手羽先を流水で洗う。(鶏の脂が気になる時はざるにあけ熱湯をかけておく)
2.ねぎは2cmのぶつ切り、大根は皮をむき一口大に、しょうがは薄切りにする。
3.鍋にごま油を敷き、手羽先・ねぎ・大根・ショウガを鍋に入れ軽く炒め、全体に油が回ったら水を入れる。沸騰するまで強火、沸騰後は中火で大根が軟らかくなるまで煮る。
4.塩・胡椒で味を整え、クコの実を散らす。
*クコの実は古くから漢方として利用されています。滋養強壮・関節の痛みに効果があるとされています。


☆アスリートフードマイスター養成講座はこちら
http://athlete-food.jp/

<< 前のページへ  |  ホーム  |  次のページへ >>

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読