「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2015年3月24日

成功を引き寄せるプレゼンテーションの極意 =企画立案からプレゼンまでを基礎から学ぶ=

※アスリートフードマイスター/ジュニア・アスリートフードマイスター資格者限定

日本野菜ソムリエ協会主催セミナーですがジュニア・アスリートフードマイスター
アスリートフードマイスターの 資格者もご参加頂けます。

企画立案やプレゼンテーションは、
メニュー考案、販促プロモーション提案など目的は違っていても
活躍の幅を広げるために共通する必要なスキルです。

プレゼンの重要点は、
「自分が相手に何を伝えたいのかを正しく整理してまとめる事」

その「整理とまとめ」こそが「企画立案」でありすべての基本です。
このセミナ―では、アスリートフードマイスターとしての活動の幅を
広げて頂くための実践セミナーです。

既に活躍されている方、今後もっと活動したい方、
是非ご参加ください。

詳細・お申込はこちらをご覧下さい。

2015年3月23日

フワフワ お麩パワー☆ たんぱく質たっぷり◎

 こんにちは ジュニア・アスリート・フードマイスターの中村 清恵です。

 私の住んでいる札幌は だいぶ雪も減り 寒さもやわらいで来て
春が感じられるようになりました。

雪国だと、冬の間 外でトレーニングがなかなか出来なかったりで
 運動の仕方をいろいろ工夫している方も多いみたいですね。

 私も冬の間は運動する機会が少し減るので 今年は 食事の量に気をつけたりと
資格を取ってからの初めての冬 いろいろ試してみました。
 冬は外でランニングや運動している間は身体が温まってるのですが、
家に帰ると身体が思った以上に冷えていてビックリすることがありました。
 栄養を摂って身体を温めるためにも、できるだけスープを飲むようにしました。

 オススメのスープは豆乳スープです。
豆乳に味噌を少し溶いて、生姜・長ネギ・きのこ類などを、
そして一番オススメなのは「麩」です。
 昔から、麩が大好きで 味噌汁や卵とじ、鍋物に入れて食べる事が多く、
何気なく使っていた食材でしたが 麩の事を調べてみると 
アスリートにはオススメ食材だと思いました。

 「麩」は、小麦粉を水で練って グルテンを取り出して加工した食材です。
小麦粉に水を加え、よくこねた後、でんぷんを水で洗い流し 取り出したグルテンに
  →小麦粉を加えて、さらにこねて 窯で焼くと「焼き麩」
  →もち米を加えて、蒸すと「生麩」
になります。
 麩の主成分のグルテンはグルタミン酸というアミノ酸が豊富に
含まれているたんぱく質で、植物性のタンパク質が豊富に含まれています。

 その他、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが
含まれていて、消化にもいいので 離乳食にも使われています。

 家でよく使うのは、安価で手に入りやすいので、焼き麩を使用しています。
 味噌汁やスープに入れる時は乾燥したままでいれる事もありますが、
煮汁やだし汁を使って煮ものにする料理の時は、そのだし煮汁を使って
麩を戻してから料理すると美味しくなります。

 以前 マカロニの代わりに麩を使ってグラタンを作ってみました。
この時のグラタンのソースは豆乳のホワイトソースにしたので
麩を戻すときは豆乳に浸して戻して軽くしぼってから マカロニ代わりとして料理しました。
 フワフワの食感がいいですね。具材には 一回目のコラムでもお書きしました
 ひじき煮も入れて、さらに栄養アップです。

AFMO1.jpg

 麩はいろんな料理に 簡単に取り入れられて、良質な植物タンパク質源となります。
 精進料理では、肉の代わりに活躍したともいいます。
食感も楽しめるので、自分のオリジナル料理を作る楽しみにもなりそうですね。
ぜひ いろいろ試してみてください。

 私ごとですが、今月の3月8日(日)に
名古屋ウィメンズマラソンに初参加してきました。北海道はこの時期は雪道なので、
雪のない外の道を走れるだけでとてもワクワクでした。

 さらに 地元の方の「おもてなし」の応援にとても感動しました。
 そして、トップランナーの方たちの素晴らしい走りを、間近で見られて、
とても刺激になりました。
輝いている女性たちのマラソン大会。とてもステキな大会でした。
また 来年も参加できる事を願って♪ 

AFMO2.jpg

2015年3月23日

たっぷり野菜 de 我が家流デトックススープ

こんにちは。
ジュニア・アスリートフードマイスターの田畑陽子です。

もう 春!スタートの季節。
冬に溜め込んでしまった老廃物をデトックス!
心身ともにリフレッシュして スタートしたいですね。

そんな春の季節の野菜には、デトックス作用を持つ物がたくさんあります。
菜の花やふきのとう、タラノメ、タケノコ、ウドなど。
これらには独特の苦味があります。
この苦味は、植物性アルカロイドと呼ばれる成分で、老廃物を体の外に排出して
くれる作用を持っています。
旬の野菜は、自然からの贈り物ですね。
ぜひ、春野菜もたくさん食べてください。

さて今回は、そんなデトックスのテーマから、我が家流デトックススープの紹介です。

前回のコラムの中でも登場しましたが、私がサポートしている息子達は
大学体育会ボート部に所属するボート兄弟。
大学ボートの世界は、春から秋まで試合や大会が続き、これからが本格的な
トレーニング期に入ります。

ボートの中でもCOX(舵手)というポジションを担っているボート兄弟は、
ウェイトコントロールのための食事トレーニングも大切。
すなわち、オフ期と冬にため込んでしまった体重を落とすために、減量開始です。

減量の基本は、食事バランスをなるべく変えずに量を減らしますが、
体重を集中して落としたいときに良く食べるのが、我が家流デトックススープ。
食材は、1年通して手に入る物ばかり。
旬の野菜なら なお栄養価も高くおいしいスープが出来上がります。

・・・我が家流 デトックススープ・・・
【材料】
きゃべつ  半玉    玉ねぎ  3個    トマト  3個(トマト缶でもOK)
ピーマン  1個    にんじん  1本   セロリ  1本
しょうが  1片    ニンニク  1片  
コンソメ  1個    塩コショウ  少々    水     適量

【作り方】
野菜を適当な大きさに切り、大なべに材料をすべて入れ、煮る!
野菜の甘みがでるので、コンソメや塩コショウはお好みの量を。
味は和風やカレー味、みそ味などに変えても良いです。
これ以外に旬の野菜を入れてもOKですよ。

【食材の効果】
きゃべつ ・・・ 食物繊維や粘膜が丈夫になるビタミンUが豊富。
玉ねぎ  ・・・ 血液をサラサラにし、動脈硬化をふせぐ。
トマト   ・・・ ビタミン類や抗酸化作用の高いリコピンが豊富。
血液をサラサラに保つ。
ピーマン ・・・ ビタミンCが豊富で美肌効果。
にんじん ・・・ 体を温める。活性酸素を消去する働きのあるカロチンが豊富。
セロリ   ・・・ カリウムやカルシウムが豊富。
生姜    ・・・ 体を温める。脂肪の分解促進。便秘解消。
にんにく ・・・ 疲労回復。滋養強壮。免疫力を高める。 
                                              など  


AFM01 田畑.jpg

トレーニングをするためには、このスープだけだと偏ってしまうので、
毎食のメニューに組みこみます。(他のメニューは量を減らします。)

スープは、食事の1番最初に食べることがポイント!
たっぷり食べても、低カロリー。(1杯 約90キロカロリー)
空腹感も紛れ、野菜をたくさんとることができます。
我が家のボート兄弟の食事トレーニングの強い味方です!

減量でお悩みのアスリートのみなさん!一度お試しください。

AFM02 田畑.jpg

これまでの記事一覧

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読