「バナナが大事!」byアスリートフードマイスター 公式ブログ

2014年11月24日

野菜の日

こんにちは。
アスリートフードマイスターの野畑 朋枝です。

『野菜の日』の8月31日。

FC岐阜のホームスタジアム・岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われた
イベントにスタッフとして参加しました。
イベントブースが設けられたのは「屋台村」の一角。競技場までの通り沿いに
地元の特産物を使ったスタジアムグルメがズラリと並んでいます。
どの屋台からも食欲をそそられるいい匂い。あれもこれも美味しそう!食べたい・・・
そんな気持ちをグッと抑えて、クイズを通してアスリートフードについて知ってもらい
また、講座のPRもしました。

AFM野畑.jpg

ではここで、皆さんにもブースを訪れた気分になっていただきましょう。

問1:今日はこれから試合に臨む!!という日の朝食。控えたほうが良い食品は
   何でしょうか。

   <1>お肉   <2>豆腐   <3>こんにゃく

問2:試合中のエネルギー切れを防ぐため、試合開始1時間から30分前にどれを
   食べれば効果的でしょうか。

   <1>カステラ   <2>ピザ   <3>サンドイッチ

問3:試合当日は、エネルギー源である炭水化物をしっかり摂ることが大切です。
   エネルギー源を長時間持たせることができる№1食品はどれでしょうか。

   <1>フランスパン   <2>ごはん   <3>パスタ

いかがでしたか?
これらは実際に会場で出題されたものです(問題は全部で6問)。
それでは答えを見ていきます。

問1:正解は≪こんにゃく≫

こんにゃくは食物繊維の多い食品。食物繊維は普段だと不足しがちで摂りたい栄養素ですが
多く摂るとおなかの調子が崩れたり、腸内ガスを発生させる可能性があるため
控えた方が無難です。ごぼう・さつまいも・きのこ類・海藻類も控えたい食品です。

問2:正解は≪カステラ≫

試合開始までの時間が短い場合は、消化が良く糖質を多く含む食品を摂るようにします。
カステラは、消化が良く高糖質で脂肪も低め。おやつ・お菓子のイメージが強いですが
この場合は、エネルギー源という大きな役割を果たしてくれます。この他にも
あめ・ゼリー飲料・砂糖入り飲料などで糖質補給します。

問3:正解は≪パスタ≫

ブドウ糖が体内に吸収されるスピードが100とすると、
フランスパンは95・ごはんは70パスタは60。つまり、じっくりと吸収されて
エネルギーを長時間持たせることができるのはパスタということになります。
フランスパンのような速いスピードの食品は、エネルギー切れを起こしたときや、
すぐにエネルギーを補給したいとき、運動(試合)直後のグリコーゲンの回復を早くしたいときに適しています。

朝、空を覆っていた雲が昼過ぎには去り、天気の心配がなくなったこの日。
ブースを開設した時はまばらだった人通りも、試合時間が近づくにつれて賑やかになり
スタッフも応対で忙しくなりました。
今回はお子様(親子連れ)が対象だったのですが、どの方も一生懸命考えて答えてくださいました。
答えに対する解説は短く簡単で、このように詳細ではありませんでしたが、
熱心に聞いてくださる方が多かったように思います。
そして、講座のPR・・・といってもなかなか難しいのですが、スポーツをしている
お子様をサポートするお母様や、ご自身がスポーツをしているという大人の方が
興味を持ってくださり、わずかな時間でしたが講座についてお話をすることができました。

あっという間に時間が過ぎていった私の"スタッフデビュー"でしたが
スタッフ同士の交流もでき、とても楽しく充実していました。
これからもアスリートフードマイスターとしての勉強や経験を重ね、活動の場を広げていけたらと思います。


2014年11月17日

健康的に太るには

こんにちは。ジュニアアスリートフードマイスターの坂本晶子です。
 私がこの資格をとったきっかけは息子が器械体操をしていたことからで 私自身は今は特にスポーツをしていません。そんな私が先日、健康診断を受けました。私、身長152.5センチ、体重37.3キロ。
そう、痩せすぎなんです。痩せたくて痩せた訳ではなく、昨年末からやせ始めました。元々 胃下垂である私は太る体質ではなく、食事をすると胃が腸の前まで垂れ下がり、下腹が出てしまうので腹直筋下部を鍛える必要があるそうです。ダイエット情報はいくらでも入手できますが、太りたい人のための情報は 日頃、なかなか 目にしないと思いませんか?
では、健康的に太るためには 食事面ではどういうことに気をつけたら良いのでしょうか?

<1> 欠食をしないこと
1日3食必ず摂ること。太るためにも朝食はしっかりと食べて昼、夕食のカロリーも変わらず摂取することで 総カロリーは増えるわけです。朝食を摂った分、昼食があまり食べれない、ということがないようにする注意が必要です。

<2> 栄養バランスのとれた食事を心がける
太ることばかりを意識して 糖類中心の偏った食生活では必要な栄養素が不足して体の機能が正常でなくなります。

脂肪と炭水化物、つまり、体脂肪の材料となる成分の摂取を心がけます。それには やはり、ご飯です。ご飯には炭水化物だけでなく、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルも含まれており、筋肉量の増加にも役立つ食品です。ご飯を中心に 栄養バランスのとれたおかずを摂取することが大切です。

ここまで読んで 何かお気づきになりませんか?
そう、<1>欠食をしない<2>栄養バランスのとれた食事というのは アスリートもダイエットしてる人も太りたい人も 皆、同じように気をつけたいことです。あらためて、食生活の基本の大切さを痛感します。
そして、私には体重のことでの悩みを聞いてくれる人がいます。素人考えのアドバイスではありますが、1回の食事が少量なら1日5回食べてみたら、とか、スポーツしてる息子と同じ物を食べたら、などと言ってくれる人がいます。「太りたい」と言うことは 「いい悩みね」ではないのです。悩みを聞いてくれる人がいることは 大事ですよね。

今回、健康診断を受けて 自分の体形から食生活を見直すこともできました。
豊かな食事は心も豊かにすると思っています。息子には 一番息子を知っているコーチ、先輩、仲間に感謝する気持ちを忘れずに 競技生活を全うしてほしいと思っています。
息子のようなジュニア選手は学校と練習の毎日ですが 翌日に疲れを残さず ケガや痛みに強くなりますように。そして 支える家族、特に料理を担当することの多いであろう母は周りと比べない、とわかっていても比べてしまったり、わが子は強くあってほしい、上手になってほしい、と思っているはずです。
一緒にがんばっていきましょう。

坂本さん11月17日.jpeg

参考:「太りたい人の健康的に太る方法」
http://slism.jp/communication/how-to-gain-weight.html

2014年11月10日

食から考える「緊張緩和」と「集中力向上」

先日、あるトップアスリートの優勝インタビューで答えた言葉が
とても印象に残りました。
「ネガティブをポジティブに変えて自分に勝てたのが一番嬉しい」


特別な環境下で、心を落ち着かせ、集中力を高め、自分の力を発揮する。
この「自分に勝つ」ということがいかに難しいことか!
「自分に勝てた」人は輝いて見えます。

適度な緊張は何事にも必要ですが、極度の緊張が競技パフォーマンスに影響を与えて
しまうことは、誰もが避けたいと思っているでしょう。

練習量で不安材料を取り除く、経験を積む。
イメージトレーニングや呼吸法、音楽、アロマを利用する。
各々、緊張対策や集中力アップ対策があると思います。


では、食事(栄養素)で緊張緩和を促し、集中力を高めることはできるのでしょうか。
今回は、「緊張緩和と食」「集中力と食」について調べてみました。

【緊張緩和】
緊張緩和は「トリプトファン」と「ビタミンB6」に関係しているようです。

精神安定の働きがある神経伝達物質が「セロトニン」。
この「セロトニン」は、食べ物から摂取できません。
良質なたんぱく質の必須アミノ酸の一つである「トリプトファン」を材料として体内で合成されるとのこと。
必須アミノ酸は、体内では生成されないので、食べ物から摂取することになります。

また「トリプトファン」が「セロトニン」を生成する補助をしているのが
「ビタミンB6」。

(「トリプトファン」と「ビタミンB6」を食事以外で摂取する場合、過剰摂取による
副作用に注意が必要だそうです。)

「トリプトファン」が多く含まれる代表的な食べ物は、
大豆、鰹節、ごま、乳製品、肉類、バナナ、小麦麦芽などです。

「ビタミンB6」が多く含まれる代表的な食べ物は、
にんにく、まぐろ、かつお、牛レバー、ピスタチオ、とうがらしなどです。


更に、緊張緩和に大切なのは、こうして生成される「セロトニン」を
活性化させること。
ポイントは、「太陽の光」と「リズム運動」だそうです。

アスリートが、大切な試合に音楽を聴いたり、呼吸を整えたり、ルーティーンを
つくったり、ガムを噛んだりというのは、リズムをつくって「セロトニン」の活性化を
はかっていると言えそうです。


【集中力】
集中力に大きく関係しているのは「糖質」と「ビタミンB1」のようです。

脳のエネルギー源は「糖質」だけ。
筋肉と違ってたんぱく質や脂質をエネルギー源にできないそうです。

その「糖質」をエネルギーに変換する手助けをし、代謝に不可欠なのが「ビタミンB1」だそうです。

「ビタミンB1」が多く含まれる代表的な食べ物は、
豚肉、うなぎ、たらこ、玄米、大豆、ごまなどです。

アスリートは、「炭水化物」をしっかりと摂取し、エネルギーをためることを重視しますが、
身体のためだけでなく、脳・神経のエネルギー供給を安定的に行うためでもあることがわかります。

集中力は、試合内容や勝敗を左右する要素ですし、ケガにも影響しますので、
意識して食生活に生かしたいですね。


【玄米ご飯のガーリック&納豆チャーハン】
「トリプトファン」と「ビタミンB6」、「糖質」と「ビタミンB1」を意識した一品

AFM01 湧永さん.JPG

「トリプトファン」と「ビタミンB6」、「糖質」と「ビタミンB1」それぞれが相互作用で、
心身に役立っているのですね。
いざ本番という時に平常心を保ち、集中できるように、
日頃から「バランスの良い食事」を心がけ、準備万端にしておきたいものです。
是非実行して、トップアスリートのように輝いてみましょう!

(Written by Rie Shimane /Junior Athlete Food Mister)

これまでの記事一覧

アスリートフードマイスターとは

最近の記事

カテゴリー

月間アーカイブ

このサイトのRSSを購読