rogo.JPG

みんなで野菜・果物を知ろう!楽しもう!
※参加対象者は一般の方です。

野菜ソムリエの新しいカタチ『キッズ野菜ソムリエ』
楽しみながら野菜の魅力を広げていくことのできる子どもを、
日本野菜ソムリエ協会が任命します。
トマトの楽しいお話を聞いて『キッズ野菜ソムリエ』に任命されたお子様には、
キッズ野菜ソムリエになれるグッズ一式をその場でプレゼント !
キッズ野菜ソムリエに変身して、野菜・果物を楽しんじゃおう ♪

キッズ+講師+アシスタント.jpg


先生の講習を受けて、キッズ野菜ソムリエに任命します。
その後は、ここでしか会えない「ベジフレンド」達と野菜クイズゲームにチャレンジ!

009.jpg


資格をお持ちのお父さん・お母さんは是非「野菜ソムリエスタイル」をご持参ください。
親子野菜ソムリエになって記念撮影を行っていただけます!

「キッズ野菜ソムリエになろう!」
2017年3月12日(日)
10:30~12:00 ※受付10:10から
会場:協会本部 渋谷教室
参加費:お子様一人につき3,000円 (税込)
            兄弟やお友達と参加の場合はペア割で一人2,500円(税込)
対象者:年中~小学校6年生
    ※既にキッズ野菜ソムリエの方はお申込みできません。
定員:20名(最少催行人数15名)
※定員に達し次第締め切りとなりますので予めご了承下さい。

過去の開催の様子は下記からご覧いただけます。
http://blog.831s.com/kodomono-wa/cat150/

**********お申込み方法***********
■お申込みはこちら
https://fooddiscovery.co.jp/eventorder_tokyo

【注意事項】
1.お申込について
・お申込の際、必ずお子さまのお名前でお申込下さい。
・備考の欄に1.年齢 2.身長 3.保護者の方のお名前とご連絡先
 4.同伴される方の人数 をご記入下さい。
・お子さまお一人につき一回ずつお申込手続きをお願いします
・必ず連絡がつく連絡先をご記入下さい。
2.参加費について
・事前入金となります。
・イベントの前日から起算して7営業日前(3月2日(木))以降はご入金前であってもキャンセル料(全額)がかかりますので、ご注意ください。
・食材の手配の関係もございますのでキャンセルされる場合は、必ず事前にご連絡をお願いします。
3.イベントの開催について
・イベントについては最少催行人数に達しない場合開催を見送る事もございますので予めご了承下さい。
・キャンセル料は、参加費の全額となります。
・キャンセルに関する詳細は下記「ページ/サイト」をご参照ください。
http://www.vege-fru.com/info/policy_can.html
4.当日について
・必ず保護者の方が同伴して下さい。
・当日の服装:白シャツ着用でお越しください。
 キッズ野菜ソムリエエプロン・チーフはこちらでご用意させていただきます。

【お申込みの入力手順】
1.ご希望のイベント項目をチェックし、「申し込む」を押す。
2.*印の必須事項を入力。
3.協会修了生の方は「会員番号(7桁の数字)」を、プレミア会員の有無、一般の方はその旨の入力。
4.「入力内容の確認」のボタンを押し、お申込内容の確認。
5.お申込内容確認後、「上記内容で送信する」ボタンを押す。
6.お申込内容確認後、受付完了メールを返信いたします。

<日本野菜ソムリエ協会 イベント事務局>
電話番号 : 03-5489-1131
電子メール: club@vege-fru.com
営業時間 :平日 10:00~18:00

福岡教室にてスキルアップセミナー付アスリートフードマイスター交流会を開催いたします。


「仲間をふやしたい!」
「みんなの活動を知りたい!」
「アスリートとして、またサポーター同士として、熱い想いを分かちあいたい!」等などいろいろな事を話しましょう。
今回は結成されたばかりのコミュニティ福岡の役員も紹介致します


情報交換の場、ネットワーク作りの機会としてぜひご参加ください。
 *名刺をお持ちの方はご持参ください!


******今回のスキルアップセミナー******
『補食の大切さを学ぶ!~自宅で作る簡単グラノーラ試食付~』グラノーラ写真.jpg
■内容
◇補食とは?グラノーラを補食に選ぶ理由は?
◇補食の摂取のタイミングは?
◇グラノーラ作ろう!
~簡単に作れる!飽きずにおいしく食べるコツ~

【講師】野村恭子さん(アスリートフードマイスター2級)
野村さん写真.jpgのサムネール画像
サッカーをしている2人の息子に対して、「怪我をしない、体力向上の身体つくり」をテーマにサポートして気付いた『補食の大切さ』。2016年は、念願の春夏冬の全国大会出場を果たしたというご自身の経験に基づいたお話をしていただきます。
補食として使える手作りグラノーラ試食付です。


【日時】 2017年 2月 3日(金) 
   13:00-15:00(受付開始12:40)

【会場】 福岡教室 (福岡市中央区天神3-4-2高橋天神ビル5F)

【参加費】 1,500円(税込) 
※当日会場にてお支払いください。お振込みの必要はございません。
※キャンセルされる場合は、必ず事前にご連絡をお願いします。
※1週間前の1/27(金)よりキャンセル料(参加費同額)がかかります。
【定員】 24名  
【持ち物】 筆記用具、名刺(お持ちの方)

コミュニティに興味があるけれど時間が合わない方へ
同日19:00-20:00にコミュニティ役員紹介&ミニ交流会実施します。詳細は、お問い合わせください。

******お申込方法******

●HPからのお申込み
https://fooddiscovery.co.jp/athlete-event/contents/hp0027/index.php?CNo=27
●お電話からのお申込み
  092-738-9077 (平日10:00-18:00)
お申し込みの際、希望イベント名・お名前・受講生番号をお知らせください。

※無断欠席された場合、今後セミナーへの参加をお断りさせていただく事もございます。
※定員になり次第締切とさせていただきます。
※最少催行人数に達しない場合は中止になる場合もございます。

■お問い合わせ
株式会社アスリートフードマイスター
アスリートフードマイスター養成講座事務局 福岡支社 
TEL:092-738-9077 FAX:092-739-6789
営業時間 10:00-18:00(土・日・祝休)
E-MAIL: fukuoka@athlete-food.jp

【新春特別企画】のご案内


2017年新たな目標に向けて、チャレンジする皆さまへ新春スペシャルイベントを
ご用意いたしました!

アスリートを支える方、全てに知ってほしい、
メンタルコミュニケーション!

アスリートのサポートに大切なコミュニケーションの極意を学びます。

講師はスポーツメンタルコーチの柘植陽一郎先生
今回はスペシャルゲストとして、
リオオリンピック女子体操団体で48年ぶりに4位入賞(女子体操チーム)の、
内山由綺選手とコーチでもあるお母さまの玲子さんをお招きします。
親子でメダルを目指した道のりをお話頂く予定です。

親子で同じ目標を目指しているのに、なぜか信頼関係がギクシャク・・・。
「サポートしたい気持ちはだれよりも強く思っている!」のに
コミュニケーションが上手くいかない・・・。
ベストなタイミングで実力を引き出してあげられない。

そんな悩みを抱える内山選手親子に、
スポーツメンタルコーチとしてサポートしてきた
柘植陽一郎先生にアスリートを支えるスポーツメンタルの整え方
「親子」「指導者と選手」近しい間柄でも心地よくモティベーション高く、
目標達成できる関係を築くヒントを内山選手の経験談とともに
具体的に教えて頂きます。。

指導者、家族、アスリート本人にも
是非ご参加いただきたいセミナーです。

講師:柘植 陽一郎氏 
一般社団法人フィールド・フロー コーチングディレクター
スポーツメンタルコーチ

プロフィール:1968年生まれ 
専門は、メンタル コミュニケーション チームビルディング

2011年から2014年までJOC強化スタッフ(医・科学スタッフ)として
オリンピックでの3つのメダル獲得に貢献し、
サッカー・体操・柔道・ライフル射撃などの
日本代表選手の専属メンタルコーチや
ラグビートップリーグHondaHEATや慶応義塾高校アメリカンフットボール部の
チーム専属メンタルコーチも務め幅広いクライアントを持ち勝利へ導いている。
リオのオリンピックでは、48年ぶりの4位入賞を果たした
女子日本代表選手、コーチのサポートを担当。

著書に洋泉社 「最強の選手・チームを育てるスポーツメンタルコーチング」


日時:1月28日(土)18:00ー20:00
場所:渋谷教室
参加費:clubAFM会員 3,000円(税込)
    修了生非会員  3,600円(税込)
    一般 3.800円(税込)


※事前のお振込みをお願いします。
※開催日7営業日前からキャンセル料(全額)を頂きます。
※最少催行人数に達しない場合、開催を見送る事もございますのでご了承下さい。

お申し込みはこちら
キャンセルポリシーはこちら


AdobeStock_107894825.jpeg

アスリートフードマイスター3級講座を受講して、
もっと勉強したい、まだ不安がある方におすすめ!

アスリートフードマイスター3級の講座の復習と、
学んだ内容の実践方法を教えます!

ジュニア世代の食事の気をつけるポイントも紹介。
 何を食べる? ・・・バランスのよい食事の何がどう大切なのか。
 いつ食べる? ・・・いつ・どう食べたら一番効率よくエネルギーに変えられるか?
 どのくらい食べる? ・・・量の目安。たんぱく質の摂り過ぎに注意など

資格取得した後のスキルアップのために
是非ご参加ください!

同時にアスリートフードマイスター2級の説明もさせていただきます。

00024.bmp


講師: 関 雅美

≪プロフィール≫
アスリートフードマイスター2級 食育マイスター・アスリートボディケア・セルフトレーナー メンタルフードマイスター 食生活アドバイザー2級・健康管理士一般指導員

アスリートフードマイスター講座のアテンドスタッフとして運営に携わる傍ら、自身の経験を活かしジュニア選手のためのセミナーを開催。あらゆる世代の方にスポーツを楽しんでいただくことはもちろん、生活習慣病予防・介護予防・メンタルヘルスなどご家族皆様の健康づくりをトータルサポートの仕事をしています。

日時:2016年1月17日(火)14:00-15:30 (受付13:40)

会場:渋谷教室 (NMF渋谷公園通りビル4階)
参加費:無料
参加資格:アスリートフードマイスター3級 受講生・修了生
定 員 :先着15名(定員になり次第締切)
申 込 :WEBまたはお電話にて
申込ページは
こちら ←

※最少催行人数に達しない場合、開催を見送る事もございますのでご了承下さい。

キャンセルポリシーはこちら

1_2



アスリートフードマイスター受講生が1万人を突破し、
現在では近畿・中国四国地区でも2,000人近くの受講生が誕生しております。

そこで、2017年度もアスリートフードマイスター交流会を開催いたします!


『仲間を増やしたい!『みんなの活動を知りたい!
ご自身の活動のPRをしたい!熱い想いを分かち合いたい!など、

情報交換の場、ネットワーク作りの機会として参加しませんか?

また、せっかく交流会に参加するなら、スキルアップもしたいですよね!

今回は小学生から社会人と幅広い年代で、
様々な競技の食事サポートをされている片山真子氏を講師にお招きし、

アスリートにとっての春の敵!『花粉症』について、
片山氏がメニュー監修をされている八百屋とごはん うらや
『花粉症対策ランチ』を食べながら、学んで頂きたいと思います!

交流に、セミナーに、食事に、内容盛りだくさんです!

アスリートフードマイスターの輪を広げて、
より一層、日々のサポート力を向上させていきましょう!

皆様のご参加をお待ちしております。

********************************************************

【日時】2017年3月10日(金) 11:00-13:00 (受付10:40)
【場所】大阪教室(梅田スクエアビル6F)
【定員】25名(定員になり次第締切)
【参加費】¥3,780(税込・ランチ代込)
事前入金をお願いいたします!(詳細は下記)
【参加資格】受講生、修了生
【持ち物】筆記用具・名刺

【講師】 片山真子氏管理栄養士、公認スポーツ栄養士、奈良県ボクシング連盟理事、 日本パラリンピック委員会医・科学・情報サポート委員

Katayama_2

プロフィール
江崎グリコ株式会社パワープロダクション勤務を経て、
羽衣国際大学 人間生活学部食物栄養学科
講師を務める。
社会人アメフトクラブチーム アサヒ飲料クラブチャレンジャーズや
桃山学院大学
アメリカンフットボール部をはじめ、社会人ラグビーチーム、
大学水泳部、高校野球チーム、ジュニアサッカーチームなど、
小学生から社会人幅広い年代で、様々な競技の栄養サポート、
食事・サプリメントのアドバイスを行っている。
自身もマラソン・山登りを趣味とし、フルマラソン完走経験を持つ。

********************************************************
■申し込み方法■
※事前入金をお願いいたします。
※開催日の前日から起算して7営業日前より
 
キャンセル料(全額)が発生いたしますのでご注意下さい。
※無断欠席された場合、
今後セミナーへの参加をお断りさせていただく事もございます。
※定員になり次第締切とさせていただきます

【HPよりお申込み】
https://fooddiscovery.co.jp/athlete-event/contents/hp0027/index.php?CNo=27/

【お電話でのお申込み】
06-4797-6533 (平日10:00-19:00)

<振込先>下記のどちらかへお振込下さい。
■三井住友銀行 渋谷支店 普通8992338
 フードディスカバリー
■ゆうちょ銀行 〇一八(ゼロイチハチ)支店 普通1339264
 フードディスカバリー
※お振込の際に、お名前の前に「0310」とご入力ください。

【お問い合わせ先】
株式会社アスリートフードマイスター 大阪支社
TEL: 06-4797-6533(平日10:00-19:00)
mail:kansai@athlete-food.jp

アスリートフードマイスター3級の岡嵜雄介です。
今回から2回にわたり「現役 高校野球部監督の挑戦(前篇・後篇)」を書かせて頂くことになりました。
普段私たちが実践している食への取組みをここで発信し、今後の高校スポーツ界の発展に貢献できたらと思います。

004.jpg

武田高校は広島県東広島市の黒瀬町にある男女共学の私立学校です。
平日の練習時間は50分と日本一短い練習時間です。
文武両道を掲げ、少ない時間でも甲子園出場を目標に活動している創部9年目のチームです。
私自身は2014年コーチに就任、2015年部長、2015年新チーム(秋)から監督に就任しました。
まだ監督になって1年ですが、これまでの2年間の取組み、そしてこれからのビジョンを書こうと思います。
チームの夏大会の成績は1年目が1回戦、2年目が2回戦、3年目が3回戦と少しずつ結果もついてきていると感じます。
部員も1学年10人前後が2年目に26名3年目に30名と我々の取組みを理解して入部してくれるようになりました。


●2014年 春 
【食事強化スタート】

2014年4月:武田高校に赴任(コーチ)してまず感じたのが圧倒的な部員の線の細さでした。
県内を見ても明らかに平均を大きく下回る身体つきに驚きと焦りを感じました。
そこでまずおにぎりをマネージャーに握ってもらうことからスタートしました。
最初は、とにかく量をやみくもに食べるだけで、握った数でその日食べる量が決まると言うものでした。
すると問題がおきます。食べる量に個人差ができ、全くチームの取組みとしては機能しなくなりました。

001.jpg


5月:食べる量に個人差ができ、おにぎりを残してしまう日が多くなりました。
寮の冷凍庫がおにぎりでいっぱいになる事も増えてきました。
そこで「おにぎり自己申告制」を導入しました。
「おにぎりノート」を作り、朝の自分の体調を考慮し
自分で食べられる個数を記入する仕組みを取り入れました。
また、おにぎりの大きさをコンビニのおにぎりと同じサイズに統一することで、
握る側のマネージャーも計算してお米を炊くようになりました。
このころから毎週月曜日を「リカバリーの日」と題して、
練習中に卵かけご飯を食べる取組みを始めました。
卵は学校の近くの養鶏場に協力していただき、新鮮な卵を届けて頂けるようになりました。
しかしまだこの時は、取組みの初期段階。様々な点でレベルが低かったように思います。


002.jpg


●2014年 夏 
【夏対策・補食の研究】

6月:梅雨と気温上昇に伴い、卵かけご飯を一時中断することにしました。
この時期は一気に気温も上がり発汗量も増えるため体重が減る時期です。
そこでプロテインの摂取を積極的に行うことにしました。
コストの面も考え、プロテインときな粉を2:2の割合で割って摂取していきました。
スーパーなどで売っているきな粉は粒が荒く分離するので飲めないことが分かりました。
そこで京都のきな粉屋から特別に取り寄せて割ることにしました。
 
7月:後半に新チームがスタートして、意識アップのために健康体力研究所の
スタッフの方に栄養講習を開いて頂きました。
保護者の方も出席していただいて、この夏の食意識を考え直すきっかけを作りました。
私以外の方が栄養について話をすることで、逆に部員にはスムーズに知識が入っているように感じました。
やはり専門的な方に定期的にお話をして頂く重要性をすごく感じました。
この辺にアスリートフードマイスターのニーズがあるように感じます。
また夏休みの間は毎日体重測定を行い部員が見える位置にボードを置き、記入させていきました。
前日より体重が減っていたら赤字で書くことでその日の食事に意識を持たせました。
また、練習の休憩中や水分補給時に飴をなめさせる取組みも行いました。
カロリーとしては数十カロリーですが、食への意識を持続するには良かったと思います。

8月:寮の食事を業者に診断して頂き、栄養チェックシートを出して貰いました。
足りない栄養素を数値化していただき、普段のマネージャーが作る補食で補う取組みを行いました。
そうめんを導入するなどをマネージャーが進んで取組むことで、
選手だけでなくマネージャーも部員としての意識が高まりました。

003.jpg


●2014年 秋 新おにぎりノート登場!平均体重体重5KUP!

9月:夏休みで食事への興味が湧いたマネージャーを他のチームへ派遣し、食事現場の見学を行いました。
中学のクラブチームなどは、お母様方が昼食を作るチームがあります。
その現場を見せて頂くことによって手際やバリエーションの多さを学ぶことが出来ました。

10月:気温も徐々に下がってきて、一時中断していた卵かけごはんを再開させました。
この卵かけご飯再開を楽しみにしていた選手も多く、少しずつではありますが、
食への意識向上が見られるようになりました。

11月:おにぎりノートも改良されて、おにぎりの個数とその日の体重を記入できる様になりました。
ノートを活用できる様になり、一言コメントの欄に書く選手の言葉もより具体性を持ったものが多くなってきました。
ここまでで4月からのチーム平均体重が+5キロアップしました。

005.jpg


●2014年 冬 METsの導入

12月:オフシーズンに突入したことで、ここまでの食事強化を見直すことにしました。
見直すきっかけは他チームなど野球界全体を見ると、活動時間が短い本校も他の強豪校と
同じような食事強化の取り組みをしていることに気づいたことからでした。
野球の戦術面でも同様ですが、50分しかないチームが3ー4時間ぐらい練習できるチームと同じ方法では
結果は必ず時間がある方が有利です。他校がやっていない独自のアプローチが必要だと感じました。
そこでもう一度はじめから食事を強化する目的と目標を再考しました。

1月:これまでの『ただたくさん食べる』から『考えて食べる』に変換点になったのはこの月からでした。
ここで導入したのが『METs』でした。
METsとはMetabolic equivalentsの略称で、摂取カロリーでなく、消費カロリー値の事です。
METs tableという指標を基準に1日の消費カロリーを計算させていきました。
計算することで摂取カロリーを考えるようになってきました。
本校は寮生の部員が多いので寮で出されるメニュー表にカロリーが書いてあることを知り、
部員も意欲的に計算していました。

エネルギー消費量=1.05×METs×時間×体重

2月:METsを導入したことで、無理やりご飯を詰め込むという光景はなくなり、
全員がしっかり考えて食事をするようになりました。
おにぎりノートの内容もそれまでは仲間と個数を合わせていた部員が
自分のスケジュールで摂取する量を考えるようになりました。
その結果、冬は全員が体重を確実に増やすことに成功しました。


3月:オフシーズンが終わり、一気に運動量が上がったことで部員の体重管理は非常に難しくなってきました。
オフシーズンのようにスケジュールを固定できないことからMETsの運営が難しくなってきました。
それは高校野球の指導経験が薄い自分の弱点が顕著に出た結果でした。
経験不足からくる準備不足を痛感しました。
高校野球のスケジュール、学校のスケジュールを把握して先回りしながら
マネジメントすることが高校野球の現場では必要です。
強豪校と同じ条件でない分、より指導者の準備、勉強が必要だという事を痛感しました。
この結果が、翌年からの更なる食事強化の研究のきっかけになったと今では思います。

006.jpg

我が校は時間的制約が日本一厳しいと思いますが、
食事強化の導入をきっかけにチームは劇的に変化していきました。
身体つきが変わるという変化もですが、一番に自分たちの環境でも勝てる、目指せるといった
心境の変化が非常に大きかった1年でした。
それまで、できない理由を考えていた子供たちが、できる理由を探すように少しずつ変化してきました
これこそが一番の"変化"となりました。

しかし、それだけではすぐには結果が出ないし、次々と問題が起こるのが高校野球です。
ここから更に本校の食事強化は大きく変わっていきます。

 次回は最終回"成長と進化"について書かせて頂きたいと思います。 つづく・・・

アスリート妻の会 スピンオフ企画

2016年11月4日(金)
福岡県の「食文化スタジオ」にて行われた

栄養講習会クッキングセミナー
『糸島の野菜を使った疲労回復ごはん!』  のレポートです。

IMG_8179.jpg


講師は、プロ野球の名選手の1人である王貞治さんの次女で、
野菜ソムリエとアスリートフード3級の資格を合わせもつ 王理恵さん。
参加者は福岡ソフトバンクホークス 選手の奥様でした。
お父様が選手時代に、お母様がどのように工夫されて食事を出されていたのか?などの
経験に基づくお話を含めながら、3大栄養素、5大栄養素の基本、
アスリートには不可欠な鉄やビタミンB群の摂取などについての栄養学セミナーからスタートしました。

IMG_8910.jpg

 
「食を楽しみながら、パフォーマンスにつなげる」ことの重要性、
朝ご飯の摂り方、練習直前、試合後のタイミング別の栄養補給、
消化が良い食材の選び方などを学び、毎日、身体を気遣い、
サポートする球団選手の奥様たちも王さんのお話しに深くうなずきながら、
熱心に学習されている姿が、大変印象的でした。


王理恵さん監修 
≪本日のMENU≫
・豚ロース肉のソテー秋野菜のカポナータ添え
・鰻とカラー大根の酢の物
・彩りナムルサラダ
・バターナッツのポタージュ
・トラキ卵かけごはん


IMG_9583.jpg

当日使用した野菜は、
海と山に囲まれ、肥沃な土地に恵まれたおいしい野菜の宝庫と言われる
福岡県糸島産で、「野菜やトラキ」さん「伊都島STYLE」さんのものを使用しました。

IMG_7938.jpg

最初は、バターナッツのポタージュ作り。
見かけてもなかなか手を出しづらい食材かもしれませんが、
扱い方なども説明を受けます。

IMG_5072.jpg


続いて、今が旬の根菜を使ったカポナータ作り。
これは、豚ロース肉ソテーのソースになるもの。
「野菜やトラキ」さんのお野菜は農薬、化学肥料を使用していないため、
皮ごと調理が可能で、栄養もしっかり摂れるメニューです。
しかも、カラフルなお野菜たちで、見た目も楽しく、いただけそうです。
「いきさん牧場」の豚肉と野菜たちの相性は抜群でした!

カラー大根を使った酢の物に、彩り豊かなナムルサラダ。
ナムルサラダには赤水菜を使用して、鮮やかに仕上がりました。

炊きたてのご飯には、同じく「野菜やトラキ」さんの、
平飼いされた健康的なにわとりが生んだ良質なタンパク質源である卵をのせてできあがりです!

疲労回復だけでなく、食を楽しむことができるものとなり、
まさに「食事が変われば、"カラダ"が変わる」のではないでしょうか?
是非、受講生の皆さまのご家庭でもお試しいただきたいと思います。


IMG_3269.jpg


協力:西部ガス・野菜やトラキ・伊都島STYLE・いきさん牧場
講師:日本野菜ソムリエ協会理事 
アスリートフードマイスターアンバサダー   
   野菜ソムリエ・アスリートフードマイスター3級 王理恵さん

★フルマラソン初挑戦の方から、サブ5.0から4.5以内を目指す方、
または歩かないでしっかり完走を目指す方が対象のセミナーです。
全3回シリーズの3回目!最終回!!

3回目のみの方も是非ご参加下さい

さあ、レース本番まで、約1ヶ月!
これからはコンディションを整えることも重要です。
どんなトレーニングをして、食事も何に気を付ければいいのでしょうか?

レース当日の補給食についてもレクチャーします。

さあ、ラストスパート!!
レースが楽しみになるセミナーです。


【日程】1月20日(金)19:00ー21:00
【参加費】club AFM会員 ¥1,000(税込)/非会員 ¥1,300(税込)
【会場】渋谷教室(NMF渋谷公園通りビル4階)

当日18時以降の緊急連絡先 090-3692-2771

講師:東 隆彦
アスリートフードマイスター3級
専門調理師
調理技能士
NPOニッポンランナーズランニングコーチ
JAAF(日本陸上競技連盟) 公認陸上指導員
流山市教育委員会 流山市スポーツリーダー

様々な角度から「食」に向き合う仕事に携わって34年
専門調理師、調理技能士の資格を活用して、自ら調理し、食し、勝利してきた「Run食」
その栄養価と写真付きレシピを400食以上保有。
38歳で走り始め、42歳でフルマラソンを2時間35分、
50歳を過ぎても福岡国際大会に出場を果たせているのは
洗練されたトレーニングと極上のアスリート食の融合にあり!

※事前のお振込みをお願いします。
※開催日7営業日前からキャンセル料(全額)を頂きます。
※最少催行人数に達しない場合、開催を見送る事もございますのでご了承下さい。

お申し込みはこちら
キャンセルポリシーはこちら

食べることで体が変わる!


トレーニングだけでは成績が上がらない方は、
ぜひ、ふだん食べているものをチェックしてみましょう。


今回は、「風邪対策」がテーマ。


運動している人は、体をよく動かして免疫力が高くて、
風邪をひきにくいイメージがありますが、実はそうではない。
むしろ逆に、風邪をひきやすい環境にあるんです。

普段の生活面と、食事や栄養の面から学びます。


北海道のアスリートも道外遠征をする人が増えています。
万全の体調でレースに臨みたいですね。

 アスリートフード画像.PNG

■講座スケジュール■
18:30-19:30 調理実習
19:30-    座講&試食

日  時:2016年12月12日(月)18:30-20:30
場  所:アトリエまーくる(札幌市中央区南2条西5丁目ロジェ25 1107号
当日の連絡先:080-1881-8856
講  師:吉川 雅子 (アスリートフードマイスター3級/シニア野菜ソムリエ)
参加費:clubAFM2,800円 非会員3,000円
(当日会場にてお支払ください。お釣りのないようご協力をお願いいたします。)
定  員:8名
持ち物:エプロン、手ぬぐい、筆記用具

※開催日の前日から起算して7営業日前より
  キャンセル料(全額)が発生いたしますのでご注意下さい。
※無断欠席された場合、
  今後セミナーへの参加をお断りさせていただく事もございます。
※定員になり次第締切とさせていただきます。


お申し込みはこちらまたはお電話にて承ります。

【お問い合わせ・お電話】
アスリートフードマイスター札幌支社
011-252-0180(平日10:00-18:00)
sapporo@athlete-food.jp


貴方の考案したアスリートフードメニューが、お店のメニューになるかも?

「アスリートフードマイスター」×「Mr.FARMER」

人気レストランカフェ「Mr.FARMER」にて、
アスリートフードマイスターが考案したメニューを広く募集します。
採用されると貴方が作った料理がお店でメニューとして販売されます。

「Mr.FARMER」は・・・
有機野菜をふんだんに使い、素材を活かしたメニューに加え、高タンパク低カロリーの「アスリートメニュー」や、
今、話題の「グルテンフリーメニュー」なども提供する人気カフェレストランです。

現在は表参道店・六本木ヒルズ店・新宿店を展開中。
2017年春には、スポーツの聖地・駒沢オリンピック公園内に新店舗もOPEN予定。
今後、益々スポーツと食の交流と発信の場となるお店です。


そんな発信力のあるオシャレなお店にぴったりな「美味しく」「栄養価もが高い」
アスリートフードメニューのレシピをお待ちしております。
メインメニュー・デザート・ドリンクなどレシピ内容は自由です。


AdobeStock_116767765.jpeg


≪提出方法≫
・専用応募用紙(word)にご記入ください
応募申込書(レシピ).doc
・ご記入後、アスリートフードマイスター養成講座事務局メールまでメールでご提出ください。

≪提出期限≫ 
 2016年12月7日(水) ※受付終了中
 結果は、採用が決定された方のみアスリート事務局よりメールにてご連絡を差し上げます。

≪応募資格≫
アスリートフードマイスター3級資格取得者以上

「Mr.FARMER」
渡邉明シェフが厳選した自慢のお野菜をふんだんに使ったメニューが
楽しめるカフェレストランです。
アスリートには嬉しい、高タンパク低カロリーの「アスリートメニュー」や、
今、話題の「グルテンフリーメニュー」などもお楽しみいただけます!

↓お店の情報はこちら↓
HP

たくさんの方の応募をお待ちしております!
よろしくお願いいたします。


※レシピ募集に関しての問合せは、
アスリートフードマイスター事務局(03-3780-8650)までお願いします。
直接店舗への問合せは控えて頂きますようお願いいたします。

==========================================
株式会社アスリートフードマイスター
アスリートフードマイスター養成講座事務局
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル4F
TEL:03-3780-8650 FAX:03-5489-2831
URL:http://athlete-food.jp/
E-MAIL:info@athlete-food.jp
営業時間 10:00?18:00(土・日・祝休)
==========================================