がんばるお子様をお弁当で応援するリレーブログの第3回目
今回は、アスリートにはおなじみの食材「鶏胸肉」をつかった、
疲れをためずに疲労をすみやかに回復に導くお弁当です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポーツの秋。運動会シーズンですね。
スポーツが得意なお子さんもちょっぴり苦手なお子さんにとっても
運動会が近づくにつれドキドキ、緊張感が高まっていることでしょう。
また、秋といえどもまだまだ日中は残暑が厳しいので、
毎日の運動会の練習で疲れがたまりやすい時期でもあります。

そこで、今回ご紹介するのは疲労回復と筋力アップに効果がある
とされる「鶏むね肉」です。
鶏むね肉に含まれるイミダゾールジペプチドというアミノ酸が
心身の疲労回復に効果が期待できるといわれているからです。
イミダゾールペプチドはカルノシンとアンセリンというジペプチドの総称で
渡り鳥やカツオやマグロといった回遊魚などの動き続ける動物の骨格筋に
多く含まれています。
鶏は空を飛ぶことはできませんが、羽を動かすむね肉に豊富に含まれています。

イミダゾールジペプチドは「抗疲労物質」として運動性の疲労に有効であると
されていましたが、近年イミダゾールジペプチドの一つである「カルノシン」が
脳の疲労にも効果があるという研究が進んでいます。
緊張と練習、脳のリラックスと体の疲労、2つの疲労回復効果が期待できそうですね。

また、鶏むね肉は同じ鶏肉の他の部位、牛肉や豚肉に比べて高タンパク質低脂肪、
さらに筋肉を作る際に必要となるビタミンB6を多く含んでいるので
筋力アップには最適な食材といえます。

脂肪が少ないので消化吸収もよく、疲れた胃腸にも優しい食材といえます。
しかし、脂肪が少ないため調理の方法によってはパサつきやすく
食べにくくなってしまうことがあるので、低温で加熱する、
片栗粉や小麦粉などでコーティングして加熱するなど工夫が必要です。

今回は鶏むね肉のひき肉で作るそぼろをご紹介します。
牛肉や豚肉で作るそぼろに比べ脂が少なく、お弁当のように冷めた状態でも
脂が白く浮くことがないので美味しく食べることができます。
疲れた時でも食が進むよう少し甘めに味付けをすれば、
エネルギー源となる「ごはん」もしっかり摂れるでしょう。
一度にたくさん食べられないお子さんには、そぼろを混ぜ込んだごはんで
おにぎりにしてあげてもよいと思います。
また、お弁当だけでなく常備菜として朝晩の食卓にもおすすめです。

そぼろ弁当.jpg

もちろん、鶏肉だけをたくさん食べたからといって、すぐに疲れが取れて
元気になったり、筋肉がモリモリ大きくなるわけではありません。
日ごろからエネルギー源となるごはんやパンといった炭水化物、
鶏だけなく牛肉や豚肉、魚や乳製品、大豆といった様々な種類の
タンパク質、ビタミン・ミネラルがしっかり摂れる野菜や海藻などを
バランスよく食べる習慣が必要です。
そして、「おいしい」と味わって食事を楽しむことが消化吸収を高めると
言われているので、お子さんの「おいしい」笑顔を思いながら
お弁当作りをしてみてはいかがでしょうか。

『鶏そぼろで疲労回復弁当』

鶏そぼろ
インゲンの塩ゆで
炒り卵
実山椒入りじゃこピーマン
2種類のかぼちゃ(打木赤皮甘栗カボチャとえびす)のバター煮
豚肩ロースの味噌漬け
ミニトマト
アスパラガスの梅おかか和え

≪鶏そぼろの作り方≫

【材料】作りやすい量
鶏むねひき肉   200g
水        100cc
生姜(みじん切り)大さじ1杯
*醤油       大さじ2杯
*みりん      大さじ2杯
*砂糖       大さじ1杯
【作り方】
1 小鍋に鶏むねひき肉と水を入れ弱火にかけながら、菜箸でしっかりとほぐしながら加熱する。
2 *の調味料を合わせる。
3 1に火が通り白っぽくなったら、みじん切りの生姜、2を入れ水分がなくなるまで煮含める。
 
今日のお弁当には彩りとして鶏そぼろと炒り卵、いんげんの塩ゆでを小口切りに
したものをごはんの上にのせています。
また、ごはんとそぼろの間には小さく切った海苔を敷いています。
ビタミンB群豊富な海苔がエネルギーの代謝に役立つからです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
田代由紀子
アスリートフードマイスター1級
パフォーマンスを最大に発揮するための基本となる「食」。
日々の食事が楽しくなるような手軽で簡単、おいしい「勝負メシ」を提案しています。
食事の大切さや楽しさを多くの人に伝えるためにコラム執筆、レシピ提案、
セミナー講師として活動中。

秋の運動会応援企画2回目は、育ち盛りの兄弟のお母さん、杉岡美恵子さんです。
いつも悩んでしまう、お弁当の量についてのマメ知識も教えてくれました。
では、どうぞ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高く澄んだ空に心地よい風が吹き、何をするにも過ごしやすい季節になりましたね。
夏休みが明け、早朝から放課後までダンス、徒競走、応援合戦、リレーの練習などで、
子ども達も本番に向け頑張っていることと思います。
「初めて、リレー選手に選ばれたよ!」と張り切る下の子、
「今年は、お世話係になったから、しっかりしなといけないんだ」と上の子。
こんな言葉や姿があると、ついついこちらも頑張ってと前のめりぎみに
なってしまいます。
AFM01.png

最近の運動会では、低学年でもキレキレのダンスを踊るところも増えてきていますね。
そんな中でも花形なのは、やっぱり徒競走やリレーだと思います。
応援する側も熱が入り身を乗り出してしまうなんてことも・・・。
誰よりも先にテープをきる爽快さ、バトンをつなげる達成感。
オリンピックのメダリストのように両手をあげ飛び上がるような気分を感じて欲しい、
たとえビリであっても走り切る強いカラダと心を養って欲しい。
カラダが変われば、より速く走り抜け、その成果を感じ、
自信へと繋げ心もより強くなる。そんな気持ちを込めたお弁当。
AFM02.png

頑張る子ども達のスピードアップには、まず筋肉をつけ動けるカラダを作り、
神経伝達機能をスムーズにすることで求められると思います。

筋肉はカラダを動かしてダメージを受けたところに、食事と睡眠を摂ることで
修復され強化します。その材料となるのがタンパク質。
なので、あえてメインに高タンパクのおかずを据えて、
サイドにもタンパク質を多く含むおかずをプラス。
しかし、タンパク質のスタンドプレーではよくないので、
ビタミンCやビタミンB群を一緒にとることで吸収や分解を助けてもらい、
より強いカラダ作りを心掛けるようにします。
また、足を速く回転させるなど神経伝達機能をスムーズにするのには
カルシウムとマグネシウムが必須なので、それらも仲間にいれたお弁当でサポート。


我が家の定番「おむから弁当」

・おむすび・・・・・・・・糖質でエネルギーチャージ
具:梅干し、わかめとゴマ・クエン酸、マグネシウム
・大豆ミートのから揚げ・・タンパク質、カルシウム
・サツマイモのレモン煮・・糖質、ビタミンC
・たまご焼き・・・・・・・たんぱく質
・ミニトマト、レタス・・・ビタミンC、カリウム
・ぶどう・・・・・・・・・カリウム
※主に含まれる栄養素です。

杉岡さん.png


【お弁当の量はどうしらいい?】
お弁当にした時にどのくらいの量を入れたらいいか迷いますよね。
そんな時は、
お弁当箱の容量=カロリー
というのを目安にするといいですよ。
お弁当箱の裏や取説にお弁当箱の容量が載っています。
分からない時は、お水を入れてそのお水を量ってみてください。
6歳ー7歳 530Kcal 8歳ー9歳 640Kcal 
10歳ー11歳 750Kcal 12歳ー14歳 820Kcal
(児童または生徒一人一回当たりの学校給食摂取基準 学校給食実施基準より)
個人によって食べる量は変わりますが、目安としてお弁当箱を選ぶといいですよ。
※写真:手前400ml 奥870ml

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
杉岡 美恵子
アスリートフードマイスター3級
器械体操の選手コースで日々汗を流す息子のため、
体調管理・カラダづくりに、精を出しています。

9/11(日)キッズ野菜ソムリエ お仕事体験第4弾を開催しました!

数日前からの予報が雨で、天候が心配されていましたが、
当日は見事な晴れの良いお天気となりました!

キッズ野菜ソムリエ7名とそのご家族にご参加いただきました。

自己紹介をした後は、さっそく収穫体験!
2_2

はじめに平城グリーンという品種のオクラを収穫しました。
収穫に適した大きさのオクラ、どこにあるかな?
2

ばっちり収穫できました!
Photo_8


続いてツルムラサキ。
どのあたりでカットすればよいか、先生に教えてもらい、
みんな上手に収穫できました。
Photo_9

続いてはトラクターで畝を作る様子を見学。
間近で見るトラクターは迫力満点!土をどんどん掘り起こしていきます。
Photo_10

続いては伏見甘長、こどもピーマン、紫とうがらしの畑です。
2_4

こどもピーマンは赤く完熟してひび割れの線が入っているものが
フルーティで甘くて美味しいと先生に教えてもらい、みんな収穫しながら、
「ガブリっ!」と試食。
Photo_11

11_2

12_2

本当に甘くて果物みたい!
ひび割れの線のせいで、なかなか売り場にあっても買う人がいないそうですが、
これはもったいない!美味しいと知った私たちはラッキーですね?

沢山収穫できました!
13


そのあと、ナスとミニトマト、丸オクラのエメラルドを収穫。
15

ミニトマトも収穫しながらパクパクとお口に消えていきました(*^_^*)
真っ赤に熟したトマトは味が濃く、甘くて美味しかったですね。
Photo_15

そして、いよいよお楽しみの昼食!
みんなで収穫したオクラやツルムラサキを天ぷらにしていただきました!
Photo_16

また、本当はこの日収穫するはずだったトウモロコシも鉄板で
焼いていただきました。
今年は例年より暑い日が続いたため、予定より成長が早まってしまったとのこと。
自然が相手なので、こればっかりは予定通りにはいきません。

自然相手に野菜を育てることの大変さ、苦労も教えていただくことができました。

お昼の後は、先ほどトラクターで畝を作っていただいた畑で
葉にんにくの植え付けをしました。

植える向き、深さ、間隔などを先生に教わりみんなで植えました。
18

これから芽が出て育っていくのが楽しみですね?

19

そして最後にみんなで記念撮影!

今回も日常ではなかなかできない体験を沢山させていただきました。
そして新たな発見もありましたね。

みんなで収穫をして、ご飯を食べて、植え付けをして、カエルも捕まえて!
とても楽しい1日でした!

お世話になった鎌田ファームの鎌田さんご夫妻、
ナビゲータの西野慎一先生、本当にありがとうございました!

秋の運動会に向かって、お子様を食で応援する新しいシリーズの第1回目です。
さて、急に涼しくなったとはいえ紫外線もまだまだ強く、しっかり体をガードしなければなりません。
加えて気の抜けないのは食中毒や菌の増殖による体調不良です。
今回は「体を守る」そんなこの時期ならではの視点で、
九重親方夫人の須藤恵理子さんから提案いただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
FB_IMG_1473304701631.jpg

秋です。運動会、体育祭のシーズン到来。
とは言っても今年は例年になく厳しい残暑が続き
日中はまだ真夏のような日差しに汗がふき出します。
朝晩は幾分過ごし易くなりましたが、1日の激しい気温差にも
体の疲れが長引いている方も多いかと思います。

この時期お弁当で気を付けたいことは、
「栄養バランス」「食中毒予防」
栄養バランスは毎食のテーマですが、
栄養豊富な色の濃い野菜、たまご、肉、魚の良質なたんぱく質、
ひじき、のりなどの海藻類はお弁当の定番食材ですし、
それらを少しずつ詰めれば自然と彩り鮮やかなお弁当になり、
栄養バランスも一目瞭然。
食育にもつながります。

体を守るその1「リスクから体を守る」

この時季、お弁当の大敵は雑菌。
嘔吐や下痢にならなくても、なんとなく体がだるい、調子がでない
などもお弁当の中で増殖した雑菌が原因である場合もあります。
手をよく洗う、おにぎりを素手でにぎらないは鉄則ですが
水分の少ないメニューにする、冷ましてからお弁当箱に詰める
(蓋に水滴がつかないように)保冷材、保冷バックを使うなどを徹底して
夏疲れ気味の体を守り、栄養補給をしっかりしてお弁当ライフを
楽しんでいただきたいと思います。

≪やきそばパン・ホットドック弁当≫
・スクランブルエッグ
・やきそば⇒具は大きく切りボリュームを出す
     紫キャベツだけ別で炒める(色うつりするので)
・ウインナー

これらのお好みの具をパンにはさんでオリジナルドックにして食べます。
忙しい時に作り手にとっては最適の手抜きだけれど
子供にとっては、オリジナルのホットドックが作れるので、喜ばれるお弁当!
切り目を入れたパンを個別にラップで包むことで、じかに触れることなく
食べるときにも安心です。

体を守るその2「紫外線から体を守る」
夏の日焼け、練習中の浴びる紫外線から体を守ってくれるのは、
ベビーリーフやグレープフルーツのビタミンCやクルミのビタミンE、
紫イモの抗酸化作用に期待できます。

≪UVケアのサラダ(我が家の定番のメニュー)≫
【A】・ベビーリーフ・生マッシュルーム・グレープフルーツはちみつ漬け
  ・クルミ(無塩)・紫イモ(蒸し←レンジOK)
  ・エディブルフラワー(あれば彩りに)

【B】・チリパウダー・ナツメグ・クミンシード・ターメリック
  ・黒コショウ・海塩・バージンオリーブオイル

【A】を【B】であえる(塩で菌増殖予防)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

須藤恵理子さん 
アスリートフードマイスター3級
九重親方(元大関・千代大海)の妻
アイデアあふれるお弁当をまとめた「大相撲の親方夫人が作る愛情弁当」を出版
多くのメディアで活躍中

oyakata.png

さて、突然ですが明日からこちらの「バナナが大事!」
カテゴリー:03.BLOG Athlete food for youにて、秋の運動会へ向けた
お子様応援企画をスターとします。


そろそろ、暑さもひと段落、すごしやすい季節になってまいりました。
各ご家庭でも、秋の運動会やスポーツ大会の話題が上るころでしょうか?

運動会当日は充分に力を発揮させてあげたいものです。
そんなアスリートフード目線のお弁当をシリーズで掲載
ご紹介します。

全7回シリーズで毎週火曜日更新です。

第1回目は須藤恵理子さん、九重親方(元大関・千代大海)の奥様です。
アスリートフードマイスター3級で、バリエーション豊富なお弁当本も出版される
お弁当のスペシャリストです。
どんな点に気を付けてお弁当を作っているのか?栄養バランスは?
など、とっても参考になります。

アスリートフードマイスターの食で子供達を応援する、お弁当リレー!ご期待下さい!!

★フルマラソン初挑戦の方から、サブ5.0から4.5以内を目指す方、
または歩かないでしっかり完走を目指す方が対象のセミナーです。

フルマラソンはキツイ?
いえいえ練習さえしっかりすれば、楽しく完走!しかも達成感はハンパないです!

4ヶ月後のマラソンレースに向かって、
食事からトレーニング方法までを
目標達成に向けて完全指導します。

全3回シリーズで、1回ごとの課題をクリアすることで、次の目標を目指します。
(シリーズですので、全3回参加をおすすめしますが、1回でも役に立つ内容です)
(課題はクリアできなくても、気にしないでご参加下さい)

たとえばトレーニングスケジュール
長い距離を走ればいいの?
速く走るトレーニング必要?週末しか走れないけど大丈夫?

たとえば食事
走る前は何を食べればいいの?トレーニング後は何をどのくらい食べるの?

たとえばランニングフォーム
楽に長く走れるフォームってあるの?
自分のフォームはどう?

次々と湧きあがる疑問の数々・・・
ランニングコーチにしっかり答えてもらいましょう!

第1回目は
レース4ヶ月前からの
・トレーニングスケジュール
・長く走れるランニングフォームとは?より良いフォームを習得しよう
・RUN食 いつ、何を、どのように?そしてなぜ?(具体的おすすめメニュー)

納得すれば、目標までは一直線。
さあ!みんなで一緒に
笑顔でゴールを目指しましょう!

【日程】10月28日(金)19:00ー21:00
【参加費】club AFM会員 ¥1,000(税込)/非会員 ¥1,300(税込)
【会場】渋谷教室(NMF渋谷公園通りビル4階)
ランニングシューズをお持ち下さい。
動きやすい服装でお越しください。

次回2回目は12月2日(金)で決定しました。

講師:東 隆彦
アスリートフードマイスター3級
専門調理師
調理技能士
NPOニッポンランナーズランニングコーチ
JAAF(日本陸上競技連盟) 公認陸上指導員
流山市教育委員会 流山市スポーツリーダー


様々な角度から「食」に向き合う仕事に携わって34年
専門調理師、調理技能士の資格を活用して、自ら調理し、食し、勝利してきた「Run食」
その栄養価と写真付きレシピを400食以上保有。
38歳で走り始め、42歳でフルマラソンを2時間35分、
50歳を過ぎても福岡国際大会に出場を果たせているのは
洗練されたトレーニングと極上のアスリート食の融合にあり!

※事前のお振込みをお願いします。

※開催日7営業日前からキャンセル料(全額)を頂きます。
※最少催行人数に達しない場合、開催を見送る事もございますのでご了承下さい。

お申し込みはこちら
キャンセルポリシーはこちら


成分表.jpgアスリートフードを考える時の
強い味方「食品成分表」

食品成分表の使い方をマスターし、
基本的な栄養価計算
エネルギー消費量に見合った食品構成について
理解したうえで、

トレーニング内容
タイミング別などに合わせた
アスリートフードへの応用の仕方を身につけませんか?

※当日ご希望の方は
最新2015年版『食品成分表』(1,000円)をご購入いただけます。


あなたの知らない「食品成分表」の世界をご案内します!
皆様のご参加お待ちしております。

********************************************************
【日時】2016年10月12日(水)13:30-15:30受付開始13:10-)
【場所】大阪教室(梅田スクエアビル6F)

  【定員】25名(定員になり次第締切)
  【参加費】club AFM会員¥3,240(税込)/非会員¥3,780(税込)
  ※事前入金をお願いいたします!(詳細は下記)
  【参加資格】受講生、修了生

  【講師】 岡本恵実
  管理栄養士、調理師。アスリートフードマイスター講師。
  (株)日本食生活指導センターに所属し、
  企業・市町村の健康づくり講座などに携わる。
  また辻調理師専門学校、京都医健専門学校、大阪保健福祉専門学校での
  非常勤講師や、テレビなどのメディアでも活躍中。

  ********************************************************
  ■申し込み方法■
  ※事前入金をお願いいたします。
  ※開催日の前日から起算して7営業日前より
    キャンセル料(全額)が発生いたしますのでご注意下さい。
  ※無断欠席された場合
    今後セミナーへの参加をお断りさせていただく事もございます。
  ※定員になり次第締切とさせていただきます。

【HPよりお申込み】
https://fooddiscovery.co.jp/athlete-event/contents/hp0027/index.php?CNo=27/

【お電話でのお申込み】
06-4797-6533(平日10:00-19:00)

<振込先>下記のどちらかへお振込下さい。
■三井住友銀行 渋谷支店 普通8992338
 フードディスカバリー
■ゆうちょ銀行 〇一八(ゼロイチハチ)支店 普通1339264
 フードディスカバリー
※お振込の際に、お名前の前に「1012」とご入力ください。

【お問い合わせ先】
株式会社アスリートフードマイスター 大阪支社
TEL: 06-4797-6533(平日10:00-19:00)
mail: kansai@athlete-food.jp

今回は、保護者の方々が参加しやすい平日のお昼過ぎからの開催です。

前回ご参加できなかった方々、お待ちしています!


成長期に必要な栄養素やサプリ、プロテインなど日頃疑問に思っている事

 などなど・・・

前回より時間を30分延長して、たっぷり、丁寧にレクチャーします。

お子様と一緒に頑張りたいなら、このセミナーに是非ご参加を!

【日程】10月6日(木)14:00ー16:00
【参加費】club AFM会員 ¥3,000(税込)/非会員 ¥3,600(税込)

【会場】渋谷教室(NMF渋谷公園通りビル4階)

【講師】 中坪 元気

中坪さん 写真サイズ修正.png


アスリートフードマイスター2級
フードルーフLLC.代表 
大阪府立大学大学院博士前期課程修了
大手食品メーカーにて開発、研究に携わった経験を活かし起業し法人、個人へのコンサルタント、栄養指導を行っている。


※事前のお振込みをお願いします。
※開催日7営業日前からキャンセル料(全額)を頂きます。
※最少催行人数に達しない場合、開催を見送る事もございますのでご了承下さい。

お申し込みはこちら
キャンセルポリシーはこちら

4e554f435e0cf3ca16fa9d69c7ef24a5_s

アスリートにとって

メンタルトレーニングは重要なもの。


なぜ、メンタルトレーニングが必要なのか、

メンタルを強くするための食事や睡眠は?

どうやってメンタルトレーニングをすればいいの?


まずは、メンタルトレーニングについて学び、

そこからサポート側にできるコトについて学んで頂きます。


その後、体験型のグループワークにより、

即実践できる内容となっております!


サポートする側が日々できることを知り、

アスリートのパフォーマンスを発揮するメンタルを作りませんか?



皆様のご参加お待ちしております。



********************************************************

【日時】2016年11月7日(月) 14:00-15:30 (受付13:40)
【場所】大阪教室(梅田スクエアビル6F)
【定員】20名(定員になり次第締切)
【参加費】club AFM会員¥2,160(税込)/非会員¥2,700(税込)
事前入金をお願いいたします!(詳細は下記)
【参加資格】受講生、修了生
【講師】 金子正美さん(メンタルフードマイスター2級・アスリートフードマイスター3級

02

プロフィール
マラソンランナーとして大阪国際マラソン、
名古屋ウィメンズマラソンにもエリートの部に出場。
50歳を過ぎても3時間15分37秒(自己ベスト)を
記録するなど新たな記録へ挑戦中。経験を活かし、
メンタルケアに関心を持つビジネスパーソンに向けての
セミナーや個人の食事アドバイスを行っている。


********************************************************
■申し込み方法■
※事前入金をお願いいたします。
※開催日の前日から起算して7営業日前よりキャンセル料(全額)が発生いたしますのでご注意下さい。
※無断欠席された場合、今後VMCへの参加をお断りさせていただく事もございます。
※定員になり次第締切とさせていただきます。

【HPよりお申込み】
https://fooddiscovery.co.jp/athlete-event/contents/hp0027/index.php?CNo=27/

【お電話でのお申込み】
06-4797-6533(平日10:00-19:00)

<振込先>下記のどちらかへお振込下さい。
■三井住友銀行 渋谷支店 普通8992338
 フードディスカバリー
■ゆうちょ銀行 〇一八(ゼロイチハチ)支店 普通1339264
 フードディスカバリー
※お振込の際に、お名前の前に「1107」とご入力ください。

【お問い合わせ先】
株式会社アスリートフードマイスター 大阪支社
TEL: 06-4797-6533(平日10:00-19:00)
mail: kansai@athlete-food.jp

新キッズ野菜ソムリエ9名誕生@大阪 - やさいっておもしろい!

rogo.jpgのサムネール画像のサムネール画像

日本野菜ソムリエ協会『キッズ野菜ソムリエ育成プロジェクト』。
これまで「大人から大人へ」「大人から子どもへ」伝えてきた食育活動に加え、
新たに「子どもから子どもへ」伝える新しい食育活動として2013年度より
スタート致しました。

子どもから子どもへ、楽しみながら野菜・果物に触れ、野菜・果物の魅力を
お友達に伝えていくことで、「野菜嫌いの克服」や「野菜・果物を食べることの習慣化」
を目指すとともに、子どもたちの健康な心とカラダの成長を応援します。

=======================================

【日時】2016年8月24日(水)13:30-15:30
【場所】協会本部大阪教室

大阪支社では2年半ぶりのキッズ野菜ソムリエになろう!の開催。

今回は年長から小学校5年生までの
9名の新キッズ野菜ソムリエが誕生いたしました!!

はじめは、トマトのセミナーです!
トマト先生からトマトについて学びます。

質問です!「トマト」って世界中に何種類位あるか知ってますか?
1.100 2.1000 3.8000
正解は→→ 3. 約8000種類位あると言われています。

そんな質問をいくつか勉強しながら、
トマトについて学んで頂きます。

続いてはトマトの食べ比べです。
今回は、桃太郎(ももたろう)、ファンゴッホ、ミニトマトの3種です。
Tabe1

まずはトマトをよく見てみよう!
大きさは同じかな?色は同じかな?

そして、香りはどうかな?
一つずつ匂いをかいでみよう!
Tabe2_2

そして、食べてみよう!
味はどうかな?食感はどうかな?
Tabe

どのトマトが好きでしたか?
そのトマトどこが好きでしたか?
みんなに発表してもらいました!

同じトマトでも、みんなそれぞれ違うね!
そして、人それぞれ好みが違うことがわかりましたね!

今日学んだトマトのこと、自分が好きなトマトのこと、
おウチに帰って家族やお友達に話して下さいね!

トマトについて学んだ後はいよいよ任命式。
Ninmei

そして、任命された後は、さっそくエプロンとチーフを身につけて
キッズ野菜ソムリエ姿でみんなで記念撮影!
Syugo

キッズ野菜ソムリエに任命されたところで、
まずはみんなで名刺交換!
自分のお名前と好きな野菜や果物について自己紹介しました。
Meishi

そして、各ブースに分かれて野菜・果物を楽しんでもらいます。

【ぬりえブース】
先ほどもらった任命書に色をぬって、
オリジナルのモノに仕上げます!
ナスって紫だけじゃなくて、いろんな色のナスがあるんだね!
Nurie

【実験ブース】
先ほど食べたトマトの糖度を計ってみよう!
どのトマトの糖度が高いかな?
さっき食べた味と糖度はどう関係しているんだろう?
Jikken

最後にみんなで『やさいクイズ』を楽しみました!
キッズ野菜ソムリエたちが先生になり、
クイズを出し合いました!
Quiz

今日は野菜・果物をたくさん楽しんでもらいました!
これからはキッズ野菜ソムリエとして、野菜・果物の楽しいところ、いいところを
家族やお友達にたくさん伝えていってくださいね!

=======================================
キッズ野菜ソムリエの輪がどんどん広がっています。

任命後の楽しいイベントも企画中なので、また是非遊びに来てください!

『キッズ野菜ソムリエ育成プロジェクト』では、任命後も継続的に楽しみの場、
学びの場を提供し、学び楽しみながら子どもから子どもへと、野菜・果物の魅力を広げます。